六甲 八幡神社(灘区)


灘区の八幡さん  六甲八幡神社

P1030807.JPG


 JR六甲道より北へ約3分、阪急六甲よりすぐ南側に六甲八幡神社が鎮座して居ます。1026年、此の地に水原氏が八幡神社を祀って居ましたが、平清盛が福原に遷都した治承4年(1180)に京都、男山石清水八幡宮を勧請し地名も八幡に改めました。
 
祭神 八幡大神・天照大神・春日大神 を祀る。

 現在の社殿は奈良春日神社の旧社殿を移築したものと云われ、本殿は昭和50年に兵庫県重要指定文化財指定されています。 厄除け、初宮参り、七五三、交通安全等諸祈願されます。また、緑の多いこの境内は近隣の人達のオアシスとなって居ます。

 又、1月19日厄神、本宮の午後10時から「湯立て神事」が行われ、無事息災を願う人々が笹の葉を争って奪い合います。

 六甲八幡神社の森は「太平記」の摩耶合戦(赤松軍が六波羅軍を破った歴史的な戦い)場面に登場します。

自宅近くで何時も初詣に参拝していましたが源平ゆかりの地とは…知らないことが多くあります。

 駐車場   一時預かり可  30台可
 駐車料金  最初20分は無料以降20分毎¥100(9:00〜21:00)
                 1時間毎¥100(21:00〜翌9:00)
 最大料金入庫約24時間まで¥1200 48時間越える利用は出来ません。

所在地 〒657−0051 神戸市灘区八幡町3−6−5
TEL  078−851−7602 



大きな地図で見る

posted by burari at | ぶらり神戸観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待