雪見御所旧跡碑


平清盛ゆかりの地 雪の御所跡碑
 
P1030372.JPG 
 
 石井川、天王谷川との接点の雪御所町2に湊山小学校が有ります、この小学校の北西の角あたりに平清盛の屋敷跡と云われる雪見御所の記念碑が立っていました。

 30年ほど昔に訪ねた時は校庭の南東の隅に立っていましたのに今回行きますと校舎の外に移されていました。

 平安時代末期に平清盛が12年住んでいたと間云われて居ます。1168年平清盛は出家して雪見御所に住み港の整備や日宋貿易の拠点とし福原遷都などの計画・指揮をしました。

 平清盛は福原の地にいくつかの邸宅を持っていたと伝えられています、その一つが「雪見御所」であると云われ、最近の史料で現在の雪見御所より北側で摂津平野が一望出来る景色の良い所で、山寄りの五宮町、上祇園町、上三条町、湊山町のいずれかにも平清盛の邸宅が有ったものと推察されています。ここ「平野」地はまさに「平」の家の本拠のフィルド(野)と言える。

 この平清盛屋敷跡の「雪見御所」の石碑は明治39年の発掘調査で湊山小学校の校庭より掘り出された庭づくりに利用されていた庭石に字刻して明治41年に湊山小学校校庭の隅に設置されました。

住所 神戸市兵庫区雪見御所2 

JR神戸駅より北西山側(湊川神社)へ

 


posted by burari at | 平清盛のゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待