生田の森、源平の合戦地 生田神社


JR三宮で電車に乗って西に動き出すとすぐに山側の市街地にこんもりとした森が見えますそこが神戸、生田神社です。その生田神社の拝殿の後に源平合戦の地、生田の森です。

P1030518.JPG  

P1030519.JPG

  生田の森は北に六甲山がそびえ、南北に細長く、旧生田川まで及ぶ広大なる森林でした。鎌倉・室町時代の動乱期に生田川を控えた大森林は軍事的要塞として幾たびかの合戦の舞台となりました。

 平安末期、寿永3年(1194)2月源 範頼の率いる源氏方と平 知盛率いる平家方との「源平の合戦」の戦場で有ります。

 室町時代以前、南北朝の戦いでは、楠木正成、新田義貞軍の南朝方と足利尊氏軍の北朝方の合戦の地。

 戦国時代には織田信長軍と西側の花隈城主荒木村重軍との合戦の地です。

 源平合戦の際、平家はこの生田の森を東の城戸(きど)として平知盛を大将として源氏の範頼軍を迎え戦いました。

生田神社 兵庫県神戸市中央区下山手1丁目2−1

開園   生田の森:土日祝 10:00〜16:00

駐車場 有料 初めに1時間500円 年末年始、祭礼行事開催時駐車不可

アクセス JR、私鉄、各線三宮より北へ約10分





posted by burari at | 源平合戦ゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。