兵庫泊人柱、清盛の侍童、松王丸の墓 能福寺


人柱、清盛つき侍童、松王丸の墓、能福寺。
P1020520.JPG


P1020509.JPG
 二条天皇の時代、平清盛は我が国の貿易の中心地は、この兵庫として良い港を築くことにし海岸線を埋め立てる工事を着工しましたが、しかし潮流の流れが速く工事は難かしく、二度に及びました。
この時、占い師が「竜神の怒りであり、30人の人柱と一切経を書写した石を沈めると、この工事は成就する」と言上。
 そこで平清盛は生田の森に隠れ関所を構え通行の旅人を捕えさせたが、肉親の悲嘆は大きかった。
この時、清盛の侍童で香川の城主、田井民部氏の嫡男、松王丸17歳が「人柱の事罪が深い、私一人を身代わりに沈めて下さい」と申し出た。

 応保元年(1161)7月13日 千人の僧の読経のうち松王丸は海底に沈み築島は完成しました。こらが現代の神戸港の始まりである。

 天皇は大いに感動されて、松王の菩提を永く弔うために能福寺を建立し、念仏の道場とされました。


posted by burari at | 平清盛のゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待