夢野八幡宮、清盛が新都守護神として創祀した。


 夢野八幡宮平清盛が新都守護神としてし創祀した。 平清盛が新都(福原京)の守護神として治承元年(1177)に創祀した夢野八幡神社。鳥居から急階段を48段上った先に社殿が有ります。急階段

 御祭神  応神天皇(おおじんてんのう)
      比売神 (ひめのかみ)
      神功皇后(じんぐこうごう)

 神戸中心地と北をつなぐ有馬街道の要所。平清盛が福原京を鎮護のために招聘した神社で、かっては夢野から平野、大輪田の泊まで一望出来る眺めの良い所で、狼煙を上げて、それを目印に平清盛が区割りを決めたと云われ新都の基準点となったと云われています。今では、建物が密集して見晴らしは良くありません。

P1030944.JPG



住 所 神戸市兵庫区氷室1−5 常時開放。
 

アクセス JR「神戸駅」下車、神戸市バス7・9・61系統「夢野町1丁目」バス停より北
10分

posted by burari at | 平清盛のゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待