兵庫住吉神社・清盛塚十三重の塔、琵琶塚、清盛像


兵庫運河にかかる清盛橋のそば、住吉神社の境内に清盛塚十三重の塔がたっています、此の塚は古くから平清盛の墓と伝わって居ましたが、大正12年の調査で弘安9年(1286)に建てられた供養塔であることが判明し、兵庫県指定文化財となって居ます。元は現在地、南西約10メートルの所に有りましたが都市計画道路工事のため「琵琶塚」の側に遷されました。

P1040317.JPG

 この琵琶塚は伝承によると平経正(清盛の弟、経盛の長男、敦盛の兄)の塚で仁和寺の覚性法親王から拝領した琵琶の名器「青山」を一緒に埋葬したと伝わって居りますが、前方後円の形が琵琶に似ている所から琵琶塚と呼ばれ琵琶の名手経正と結び付いたようです。

P1040320.JPG

 また、昭和になって清盛塚のそばに清盛像が建てられました。

P1040310.JPG

兵庫運河にかかるコンクリート製の清盛橋、欄干には源平合戦や平家物語の名画面のレリーフが嵌め込まれています。




posted by burari at | 平清盛のゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待