阿弥陀寺  魚御堂(うおみどう)礎石


 神戸市兵庫区阿弥陀寺は平清盛が海路の安全守護神として建立したと云う説と自らの繁栄を祈願した寺とも言われている。

P1040346.JPG

 阿弥陀寺は文永8年(1271)に法然上人(ほうねんしょうにん)の孫弟子の淨音上人(じょうおんしょうにん)が開いたと伝えられています。境内の池の中ある魚御堂の礎石は、黒田長政の別邸の浜本陣にあったものを絵屋の鷹見家に譲り、それを阿弥陀寺に寄贈したと云われています。

P1040845.JPG

 この魚御堂は清盛が魚の供養のために設置したと云う説や重盛の仮住い跡と云う説など有りますが…さて?。「足利尊氏が湊川の戦いの際、須佐の入江の奥の魚御堂で楠正成の首を改めた礎石」伝わって居ます。

P1040842.JPG  

P1040844.JPG

この寺は最近立て替えられています、通称「楠正成供養石は境内の池の中央に置かれています。」

住 所  神戸市兵庫区中の島2−3
アクセス 神戸地下鉄湾岸線「中央市場駅」下車南西に徒歩約3分

大きな地図で見る



posted by burari at | 平清盛のゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待