弓絃羽神社(ゆずるはじんじゃ)神戸・東灘区


弓絃羽神社(ゆずるはじんじゃ)

神戸御影、神社の背後秀麗な峰を弓絃羽嶽(弓矢)とも、六甲山(甲冑)とも言われる、また、神武皇后がこの里の泉(澤の井)に、お姿を写した故事により、この里は御影(みかげ)と呼ばれる様になりました。

  P1080472.JPG 正面鳥居  

 御祭神  伊弉冊尊(いざなみのみこと)
      事解之男命(ことさかのおおみこと)
      速玉之男命(はやたまのおのみこと)合わせて根本熊野三所大神と申し上げます。

 お祭り  10月15日

  御由緒

社伝によると住吉、神武皇后三韓征伐より、ご凱旋時、長門国豊浦より摂津国難波浦に向かわれる途中、忍熊王(おしくまのみこ)が兵を挙げたことをお知りになり、皇后自ら弓矢甲冑を当地に納め、熊野大神を斎事、御祈念された処、戦いは大勝、その後、諸々の願事が叶えられたと云われます。

8世紀末に弓絃羽神社の森(ゆずるはのもり)を神領地と定め、嘉祥2年(849)神祠を造営しました。

 P1080489.JPG  拝殿

 P1080491.JPG  流造り本殿 

 P1080467.JPG  松尾社 十二社

P1080488.JPG P1080470.JPG
  手水舎                   手水舎の横の有る犬の水飲み場


住 所  〒658−0048
      神戸市東灘区御影郡家2丁目9番27号
TEL   078−851−2800

アクセス 阪急「御影駅」下車 南東300m徒歩約5分
     JR「住吉駅」下車 北西   徒歩約10分
     阪神「御影駅」下車 北    徒歩約15分





posted by burari at | 神戸の寺社めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。