布引貯水池・神戸


布引の貯水池周辺は、JR新神戸駅から六甲山へ向うハイキングコースで、途中に日本三大滝の布引の滝(雄滝、雌滝、夫婦滝、鼓滝)が有ります。

   P1080392.JPG 布引の滝(雄滝)

布引貯水池は1900年(明治33年)に完成したダムで、正式名称は五本松堰堤(ごほんまつえんてい)、神戸に立ち寄る外国の船乗りより、「赤道を越えても腐らない美味しい水」と持て囃され「コウベウウォーター」と呼ばれています。現在も環境省の「名水百選」の一つに指定されている、ただし、現在神戸市で供給される水道水は残念ながら琵琶湖、淀川水系とのブレンドされた水が供給されています。

P1080444.JPG

貯水池の貯水量は601,000立方メイトル、ダムの高さ33,33メイトル、長さ110,3トルでダムの形は直線型動堰堤です。




付近は野鳥観察所や休憩所も設置されていて、神戸市民の憩いの場所でもあります。

P1080407.JPG

           ダム堰堤下流側

P1080410.JPG

       写真正面の凹み部分より湖面手前真ん中へ断層が走って居ます。




posted by burari at | ぶらり神戸観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。