猪との知恵比べ、餌付け禁止条令制定 


賢いイノシシと知恵比べをする…

餌付け禁止
神戸は六甲山のふもとにあります、本当に山と街と海が一つになった素敵な所です。チョットした山登りや海水浴、釣りなど環境の良い暮らし良い所ですが…山に近いと云う事は野生動物も身近にいると云う事で…特にイノシシは曜日を決めて山より下って来ます。これはごみの搬出日が解って居るからです。ビックリですがちゃんとごみの収集日の前日の夜に…(決まりを守らずに前日から出す人がいるので)怖いのですよ…特に子供(うりん子)が居る時は注意が必要です。母親イノシシは子をかばい突進してきますから。
 数日前の事ですが買い物帰りの婦人が後ろから来たイノシシにビニール袋と一緒に指を食いちぎられました。
 イノシシは山の中でエサを取るのが本来の姿です。市街地や登山道に置いてイノシシの被害が増えたのは、人が安易にたべものを与えため美味しい物の味を覚え、キノコやドングリ、木の根などを取らなくなり人間の食糧を求めて徘徊します。イノシシは用心深い動物で、学習の能力が高く、餌付けなどで安全に美味しいてべ物が食べられる事が解ると大胆になって人より食糧を奪いに来ます、特に老人と子供は要注意です。

神戸市ではイノシシにエサを与えないように餌付け禁止条例が有りますが…ゴミ出しのマナーの悪さがイノシシを増やしています。イノシシにエサをやらないで!!






posted by burari at | ぶらり神戸観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


外国為替証拠金取引
航空券株主優待
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。